モチベーション

【近況】ツイッター凍結で1日3回涙が溢れた話(解除されました!)

※2023年8/18日 追記

無事「凍結解除」されました!!

ご心配をおかけした皆さん、申し訳ございません。

「凍結解除」された経緯については、別の記事で挙げていきます!

久しぶりの投稿なのに英語とは関係ない話題でごめんなさい。お付き合いいただけると幸いです。(笑)

今後また定期的に、英語関係の記事もあげていきます。

*現在ツイッターに「異議申し立て」をしていて、アカウント復活の可能性もあるようなので、こちらの記事で随時アップデートしていきます!

今回のツイッター凍結祭り(いきなりアカウントが止められる現象)の被害に遭われて同じように苦しまれている方の、何かしらお役に立てれば幸いです。

経緯

2023年4/4(火)、約1年ぶりにツイッターで大型プレゼント企画を行いました。

プレゼント資料の枚数は100ページ超え、半年以上かけて作成した丹精込めたものだったので、結果的に1日目で100人近くの方に資料を受け取っていただけたのはとても嬉しい喜びでした。

「もっと盛り上がるといいな〜!」と思っていた矢先、
ベッドに入って朝起きて携帯を見るとツイッターから下記のような連絡が…。

朝5時にこの”アカウント凍結メール”を見た時の僕の反応は、

「無」

でした。(ショックを通り越して、「無」の状態になっていました)

しばらくして現実に引き戻され、「え、これ夢か???」と思わず携帯を5回くらい見たり、顔をつねったり、謎ムーブとして寝ている妻の顔をつねったり(意味不明な動きで、寝てたのにごめんよ)してみましたが、どうやら現実です。

「何も悪いことしてないやん、これ夢やろおおお」と心の中で叫んでいたのですが、5分、10分と時間が経つと現実味を帯びてきて「無」だった状態から一気にいろんな怖さが頭を駆け巡り、涙が溢れそうになりました。

一番の怖さ・つらさはこれまで2年間以上1日も欠かさずツイートをして、ツイッターにガチコミットして、コツコツと積み上げてきたフォロワーさん9,000人(万垢を一つのマイルストーンにしていました)が一夜にしていなくなってしまうというものでした。

ツイッターを通じて素敵な英語仲間、起業家仲間、クライアントさんとご縁をいただいていたので、それが「全てなくなってしまうのでは?」「これまでの努力が全て水の泡になってしまうのでは?」という底知れない恐怖が襲ってきました。

原因

朝は色々予定を入れていたのですが、とりあえず震える手で原因追及したり色々とリサーチをしました。

調査の結果、わかったことは3つです。

①現在(2023年3-4月)ツイッターでアカウントの凍結祭りが頻繁に起こっている
※原因不明多数

②プレゼント企画等で複数の方にDMを送り続けることはツイッター規約に反する

※昔はプレゼント企画は全く問題なかったので、最近のNG項目のようです

③「異議申し立て」をすればアカウント復活の見込みはある

要は複数の方に同じメッセージを送るなど、スパムっぽい行動をしているアカウントは凍結されるリスクがとても高い。ただ、「異議申し立て」によっては復活しているアカウントもいくつかある。

というものでした。

つまり、今回プレゼント企画で多くの方にDMを送らせていただいていたので、それが凍結の一番の原因のようです。

解決策が見つからず、崖の上にいきなり立たされた子犬のような気分だったので、なんとかなるかもしれないという内容(特にアカウント復活の見込み)は救いでした。

なので一旦日本語と英語で異議申し立てを書いて、ツイッターにメッセージを送付しました。

ツイッターからはreviewするから5-7日程度時間をください、という旨の連絡がきました。

これでなんとか復活してくれればいいのですが、どうなのでしょうか…。
(「こういうこともするといいよ!」というアドバイスがあれば、とてもありがたいです)

朝にこの対応をしている時点で、起業家仲間やクライアントさんから「大丈夫?」とメッセージをいただけて、「ありがたい…」とまたまた涙状態でした。

※4/13(木)追記

7日経っても何も連絡がきていなかったので、前回は少し焦って書いてしまった「異議申し立て」を改めて日本語と英語の両方で行いました。(色々調べてみると、復活まで7-8回以上「異議申し立て」をしたという方も多く、諦めないことが重要なようです)

「異議申し立て」に何を書いたらいいかわからない、という方はコピペはせず少し内容を変えてご活用ください。

(日本語)

2023年4月5日に凍結されてしまったアカウントの凍結解除をお願いしていますが、その後いかがでしょうか?

繰り返しになりますが、複数の方にDMをお送りしたのはフォロワー様に企画の説明をしていたためで、悪意はありません。

今後はより一層Twitterルールを遵守し、慎重に利用しようと考えております。もし何かしらのTwitterルールに抵触していた場合は、改善しますのでご指摘いただけますと幸いです。

最近は改めてTwitterの面白さを理解し、毎日楽しくTwitterを開いていた矢先の出来事だったのでとても残念な気持ちです。今まで交流していた方々とも連絡が取れなくなってしまい大変困っております。

1日も早い凍結の解除をお願い致します。

(英語)
※伝わりやすくなるよう、日本語とは少しニュアンスを変えています。

My account was suspended on April 5th, 2023 and I made a request to unfreeze my account. Is there any update? 

The reason why I sent several same direct messages to my followers was because I needed to explain certain event details to them. I did not send the messages with any bad intentions. If this is violating any Twitter rules, It will never happen again and I will be very careful not to violate any rules. 

I have been using Twitter for over 2 years and deeply enjoying interacting with my over 9,000 followers. Many of them are like my friends already, so I am extremely sad that I cannot use Twitter. 

I really would appreciate it if you could unfreeze my Twitter account as soon as possible. 

Sincerely,

今後

今回の件があって、すぐに心配してメッセージをくださったツイッター仲間、起業家仲間、フォロワーさん、クライアントさん、本当にありがとうございました。

精神的なダメージは残るものの、アカウント復活の可能性もあるので、諦めず「異議申し立て」をしていきたいと思います(複数回申し立てをしたら復活した、というケースもあるようです)。

幸いビジネス的にはツイッターだけが主軸ではないので、売上的には大きな問題などはない状態です(中長期的にはわかりませんが)。

ツイッターが復活するまで今後の発信は、こちらのブログ、LINE公式アカウント、メルマガ、などで行なっていく予定なので、引き続き見ていただけるととても嬉しいです。

「諦めたらそこで試合終了じゃん!!!」とスラムダンク好きの方はぜひLINEで励ましの連絡をくださると本気で嬉しいです(笑)。

もはや悲しみやショックという感情は通り越して、「マジか〜〜〜!」と悔し涙溢れているような状態なのですが(笑)、ツイッターの件についても随時こちらの記事で更新していくので、

引き続き、何卒よろしくお願いいたします!

ツイッターフォロワーのみなさんへ

もしツイッターから心配してこちらの記事をご覧になってくださったフォロワーさんがいらっしゃったら、まず本当にありがとうございます。

「毎日投稿楽しみにしてました!」「有益なツイートありがとうございます!」「eichanさんのおかげで英語力伸びました!」などと言っていただけていたのはすごくモチベーションになっていて、

ツイッター面倒だしやめようかなと思ったことは何度かありましたが、いつもそれらを励みに続けられておりました。

無事「申し立て」が通ったら改めてツイッター配信を継続していくので、その時はぜひまた絡んでくださったり、メッセージくださるととても嬉しいです。

プレゼント資料を受け取れていない方へ

当日に対応させていただいた方にはお送りできていると思うのですが、まだもしプレゼントが届いていない、という方はLINEでその旨ご連絡いただけると嬉しいです。

お待たせしてしまい、申し訳ございません!

起業家・コーチ仲間のみなさんへ

改めて、本当にいつもありがとうございます。そして対策や心配のメッセージもすごく心温まりました。

幸い僕自身は本名でのTo Bや口コミ、FB広告、コーチコンサルなどがあるので集客や売上に大きな影響はないものの、ビジネス的にもとても有用なツールであるツイッターの積み上げがプラットフォームの都合で一夜にしてなくなる、というのは、

改めて集客のチャネルを一つに依存してはいけない、と身に沁みました。

もしツイッターを中心にビジネスや事業展開をされている方は、ここは見直して、事業を存続・繁栄させていく上でも複数のチャネルを育てることを強くおすすめします(僕自身も、さらに強化していきます)。

まだまだ起業家として発展途上なので、これからもよろしくお願いいたします!